リラクゼーションだけじゃない【マッサージの目的】

マッサージの長い歴史は医療目的から始まった!

マッサージの種類

  • フェイシャルマッサージ
  • アロママッサージ
  • ハンドマッサージ
  • リンパマッサージ

リラクゼーションだけじゃない【マッサージの目的】

マッサージ

マッサージの長い歴史

マッサージは、ギリシャで紀元前4世紀ころに生まれたと言われていて、その時には医療としては認められていませんでした。16世紀ころになってようやく医療法として確立され、18~19世紀に欧州に広まっていきました。日本では明治時代にフランスから取り入れられたとされています。よって、これからわかる通り、私たちが体験しているマッサージとは意外と歴史が長いのです。

人々の心と体を癒す

外国から広まったマッサージは、京都だけでなく日本全国でも今や何も珍しいものではなくなり、あらゆるところでマッサージ店を見かけるようになっています。マッサージを受ける目的は、日ごろ溜まった疲れをほぐしたり、体の不調を改善したりするために通うなど、人によって目的は様々です。そのため、マッサージの種類も以前よりも多数出ており、症状や目的に合わせて施術内容を選ぶことができます。

マッサージは医療行為の1つ

リラクゼーションの目的としても良く知られているマッサージですが、もともとは医療目的で行われていました。そのため、ケガの治療などで医師の同意書がある場合は、保険適用で施術を行うことができます。ただ、リラクゼーションが目的の場合は保険適用はされないので気を付けましょう。

広告募集中